紙錢舞

紙錢舞

カテゴリー:
紙錢舞
韓国の巫俗や仏教信仰では人が亡くなると現世と同じように、多額のお金がいる長い旅をしていると考えられ、極楽浄土に辿り着くまで困らない費用を送り届けるという意味の紙錢(チジョン:踊り手が手に持っている長い髪を束ねたお祓い棒のようなもの)をもち、残された遺族や友人、知人の前で披露される追悼及び成仏を祈っている舞です。